dynameshとかー

ライノ→Zでのインポートとかのメモ
R2になって、モデリングの方法もこれまでとちょっと変わってきそうですが
みんなどうやってるんだろう?と思いつつ・・・

01_20111010191355.jpg

tool>import>weldを0.0001に設定してobjをimport
サーフェスは閉じた状態でないとdynameshしたときに形状が壊れちゃった。
さすがにそこまで至れり尽くせりじゃないか・・・(´×`)
結構メッシュの細かいデータで持ってきたほうがいいかな

あとで使うのでtool>subtoolのduplicateをポチっとしてから
tool>geometryからdynamesh~
そしてdulpicateしたデータを表示してtool>subtool>projectAll
これでエッジもしゃっきりヾ(・ω・)ノ

2_20111010191354.jpg projectしたらこんな感じ↓
3_20111010191354.jpg

ライノの素データでもsculptrisからでも、sdiv上げたら
三角ポリとか共有するメッシュの多いポイントのところは
思うようにモデリングしづらかったけど、これなら気にする必要もないですね

freeze subdivision levelsもポチッとおためししてみましょ。

4_20111010191353.jpg

まずcurveTubeでぐにゃっとしたのを追加。これ始点がメッシュに接地した状態で
生成されるけどもうちょっと内側に押し込んであったほうがいいような・・・
projectionをオン、マスク解除して再びdynamesh。そしてFreeze解除。
dynameshのresolutionを多少高めにしてないと
ディティールが甘すぎて思うような形状にならない・・・けど
上げすぎると今度はSdivの1が消滅?したっぽい。

5_20111010191353.jpg6_20111010191355.jpg

まだイマイチ使いこなせない感じだけどなんだかいろいろできそうだし、
古いデータ掘り返してもっかい手を入れ直したいなぁ
スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

amo&ぐいっ

Author:amo&ぐいっ
神戸でジュエリー製造全般をやっております。
おもにデータ&切削の記録の場として作ってみました。
お気軽にコメントなんか書き込んでくださいね♪

鋳造、ゴム型、データの切削依頼、データ作成依頼他、作業全般も承ってます。

工房Free

Facebookページも宣伝

メールフォーム