紅葉筏

紅葉筏って言葉あるのかな。

紅葉筏

dynameshを活用して作るので元はかなり汚く作ってますw
こうやってグループ分けてみるとよくわかるけど隙間さえ空いてなければ
後で均せるし、すごい便利。

流水紋

dynameshで外のわっかと波紋を合体ー。
マスクにしたわりに文様はブラシでチョコチョコスカルプトしてました。
フチにかかるところとか後で修正するんだったら・・・って思うと
ついチマチマやっちゃうんですよね。

紅葉筏 できあがり?

紅葉も葉っぱごとに合体して厚みを調整。
ちょっと分厚すぎるかなぁ・・・?でもペラッペラでも困るしとりあえず
このくらいで様子見。

このとき、紅葉の表面をポリペイントからグループ化して押し出しかけて
やろうと思ったんだけど、なんでかグループ化しようとすると
100発100中で強制終了(´Д`)そんなに細かいデータじゃないのに
なんでだろう?dynameshにチェック入ってるから?って思ったけど
特に関係ないっぽいし・・・うーん?

紅葉筏 厚みつけ

葉っぱのギザギザもほどほどに入れてみたよー。
clipでやってみたけど、思ったとおりの結果を出すのが難しいというか
意図しないところがズバァーって切れたりして、一箇所切るのに5回くらい
やりなおしたり。でも小さくて角度のきつい切れ込みがわりと
うまく入るのって気持ちいいー

とりあえずこれでためし彫りですよっ
スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : 学問・文化・芸術

発売されましたねぇ・・・

iModela
http://www.rolanddg.co.jp/news/2011nr1005_imodela.html

本体コンパクトですよねぇ~。
うちのデカブツ共も見習って欲しい限りですw

この筐体はリューターツールが使用可能との事。
うちの切削機達はリューター径のチャックがあるので前々から使ってますが、
折れてもそんなに心(サイフ)の痛まないリューターツールはいいですよね~w

そこで普段うちで使っているリューターツール達を一部ご紹介w

まずは基本となるストレートタイプ&ドリル
IMG_0597.jpg
手前のドリルは軸の径そのままのサイズ。
真ん中は1mm、奥は0.6mmです。

大体のものは1&0.6mmあればそれなりに削れます。

つぎはカッター&ボールエンド
IMG_0600.jpg
あ・・・先っぽピンボケw
カッターは正直あんまり使ったことありません。
ストレートのドリルでも支障ないですしね・・・w
ボールエンドはレリーフ等を削るときに使用すると表面が滑らかに仕上がったりそうでなかったりします。
ただ全体的にノッペリした印象になるのでストレートや他のツールと一緒に使うことが多いです。

IMG_0595.jpg
これはちょっと特殊なツールなのですが先端が三角刀になってます。
ケースに「ワックスサクサク」って書いてあったんですが・・・正式名称なんでしょう?w
書いてあった通りワックスがサクサク削れます。
でも気をつけないと手もサクサク切れますww

見かけた人は使ってみてもいいかも?w


あと細部彫り用は自作するほうが納得の出来る彫りあがりになったりします。
簡単なのはこちら
IMG_0598.jpg
折れたリューターの先を細くしていって先端を半割にしてから三角状にしてあります。

先端はこんな感じ
IMG_0599.jpg
最近使ってなくて錆びが出ちゃってますがまあご愛嬌という事で・・・w

先端を半割にするのが多少難しいですがそこそこの精度は出してくれます。
最初に作る先端ツールとしてはオススメかも?


ちなみにうちで細部を彫る時は最近はコレを使ってます。
IMG_0596.jpg
リューターのドリル1mmの先端を削って先っぽを三角刀状態にしてあります。
先端のフラット面が0にしてあるので削りカスが一杯残るのがタマニキズw

ドリル面の溝がいい感じに側面のカスを排出してくれるのでわりと重宝してます。


ちなみにうちでは最近仕上げ用のツール以外はあんまりリューターツールは使ってません。
高さが欲しいっていう所が大きいんですけどね・・・。

最近はインチ径のドリル使ったりしてますがあまり参考にはしないで下さい。
IMG_0601.jpg

とりあえず必要最低限をそろえて後は少しづつそろえていくのがベストですよねw
そんな事をやってると数百本とかになっちゃったりするわけですが・・・まあご愛嬌という事で。


がんばれ切削戦士たち!ヽ(`Д´)ノ


にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへにほんブログ村 美術ブログ 立体・造形・彫刻へ

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

dynameshとかー

ライノ→Zでのインポートとかのメモ
R2になって、モデリングの方法もこれまでとちょっと変わってきそうですが
みんなどうやってるんだろう?と思いつつ・・・

01_20111010191355.jpg

tool>import>weldを0.0001に設定してobjをimport
サーフェスは閉じた状態でないとdynameshしたときに形状が壊れちゃった。
さすがにそこまで至れり尽くせりじゃないか・・・(´×`)
結構メッシュの細かいデータで持ってきたほうがいいかな

あとで使うのでtool>subtoolのduplicateをポチっとしてから
tool>geometryからdynamesh~
そしてdulpicateしたデータを表示してtool>subtool>projectAll
これでエッジもしゃっきりヾ(・ω・)ノ

2_20111010191354.jpg projectしたらこんな感じ↓
3_20111010191354.jpg

ライノの素データでもsculptrisからでも、sdiv上げたら
三角ポリとか共有するメッシュの多いポイントのところは
思うようにモデリングしづらかったけど、これなら気にする必要もないですね

freeze subdivision levelsもポチッとおためししてみましょ。

4_20111010191353.jpg

まずcurveTubeでぐにゃっとしたのを追加。これ始点がメッシュに接地した状態で
生成されるけどもうちょっと内側に押し込んであったほうがいいような・・・
projectionをオン、マスク解除して再びdynamesh。そしてFreeze解除。
dynameshのresolutionを多少高めにしてないと
ディティールが甘すぎて思うような形状にならない・・・けど
上げすぎると今度はSdivの1が消滅?したっぽい。

5_20111010191353.jpg6_20111010191355.jpg

まだイマイチ使いこなせない感じだけどなんだかいろいろできそうだし、
古いデータ掘り返してもっかい手を入れ直したいなぁ

テーマ : 3DCG
ジャンル : 学問・文化・芸術

何がとは言いませんが・・・

先日より某機械よりジジ・・・ジジ・・・と明らかな異常音が・・・。

ああ~・・・また電源かな・・・

と思い電源基盤を外して確認すると

DSC01341.jpg
またコンデンサがパンクしとる(;´Д`)

片方なんて焦げてるし・・・
DSC01342.jpg


なんとか動いてたので急ぎの仕事だけは片付けて某社に連絡を入れてみる。

こんなの設計ミス&部品の精度が悪いのみえみえなわけですが・・・
値段は書きませんがなかなか愉快な額が返ってきます


本当は書きたい(*´Д`)(x



さすがに付き合ってられないのでコンデンサを国産のまともなものと交換してみる


とりあえず古いの外してみると
DSC01346.jpg

液漏れしとる(;´Д`)

まあ・・・このコンデンサ色々不良が多いって有名だしね・・・


んで国産某メーカー製と差し替えて・・・
DSC01349.jpg

はい完成っ
DSC01350.jpg



装着後動作させてもモチロン問題なし。

部品入れ替えただけだしね。


この程度の修理であの値段とかね・・・



以上、150円のコンデンサーを数千円のまともな物に取り替える作業でした♪





(#^ω^)




追記・付け替えたコンデンサいくら?と聞かれたので書いときます。
   パナソニック製のコンデンサで一個660円で二個乗せ変えましたよ~。
プロフィール

amo&ぐいっ

Author:amo&ぐいっ
神戸でジュエリー製造全般をやっております。
おもにデータ&切削の記録の場として作ってみました。
お気軽にコメントなんか書き込んでくださいね♪

鋳造、ゴム型、データの切削依頼、データ作成依頼他、作業全般も承ってます。

工房Free

Facebookページも宣伝

メールフォーム