オオスズメバチ

ある日家の前で除草をしているとなぜかオオスズメバチの死骸が。

これは・・・喜びそうだな~としゃちょーにメール


ぐ;「オオスズメバチの死骸が家の前に落ちてました」


し;「ぜひ鋳込みましょう(゚∀゚)」


という事でハチさんは鋼のぼでーを手に入れたのでしたw


IMG_0400.jpg
IMG_0402.jpg

さすがに羽は出てない所もあります。

しかし虫ってすごい形してるよな~

IMG_0403.jpg
仰向けの悩ましいポーズ(違

綺麗に出るもんですねぇw

お顔ドアップ!
IMG_0405.jpg
ああ・・・痛そうなお口が(;´Д`)

実は小学校の時にスズメバチに攻撃を受けたのですが、なぜか刺されずに噛まれました(゚∀゚)
唇の下を噛まれたんだけどそれでも数時間後には下唇が「だめだこりゃ~」って感じに腫れたのを思い出しました(・ω・)

その痛そうな口の裏側をマイクロスコープで見てみると
Image.jpg
小さい触角みたいな物が!

虫って不思議だなぁ~

鋳肌が荒れてるのは灰が抜けきってなかったためかと思われますw



ちゃんと仕上げて標本状にしたら売れないかな・・・・なんて考えた水曜の午後でございましたw


にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへにほんブログ村 美術ブログ 立体・造形・彫刻へ
スポンサーサイト

テーマ : ジュエリー
ジャンル : 学問・文化・芸術

ポートフォリオ的な?

これまで作ったデータで一回キリしか使わずにそのままzipしちゃったのが
ちょこちょこあって、後で「?何のzipコレ?」とか名前だけで判断できなかったり
どんなことができるのかが人にぱっと見せれたらなぁ、と思ってたものの
なかなか手をつけずにいたのですが、最近すこーしやってみようと思ってちょっと
お勉強してました。



IPadぉぉぉぉ なんでこんなに融通きかないのっっ
QTVRとかで見たい角度を見たりズームかけて説明したりっていうのをやりたかったのですが
見れないorz なんで??って調べたら

「html5があるのにquicktimeなんていらないじゃない」「・・・へー(´・ω・`)」

flashもダメだしどうしよう・・・ で javascriptは?ってことで作成したのですが
うん、オンラインなら動いてくれてる!けどオフラインじゃ動かない!
目標の半分はできて半分はできてない感じです。PCならオフラインでも問題ないんだけど
見栄えとか持ち運び的なことでIPadでやりたかったなぁ・・・でも
これは私の手に負えることじゃないですねwまともに勉強しないとムリだっ

妥協してPDFに動画と画像何枚か貼り付けることにしよう(*´д`*)そうしよう

fullet

動画貼り付けようと思ったけどオフライン用に作ったんでデータ大きすぎたので画像だけ。
グダグダだー

テーマ : 3DCG
ジャンル : 学問・文化・芸術

切削機掃除

切削機をお持ちの皆さま普段のお掃除どうなさってますか?

今回はcompactJEMで普段行っている掃除をご紹介です。



まず日常掃除

このように切削後に出る削りカス
01.jpg
これは掃除機で吸い取ります。
モーター周りのカバーが着いてないのは外してるからですw
放熱&軽量化ですね。


そしてチャックの中
10.jpg
この中にも削りカスが飛んで行ったりするので掃除機で吸い取ったり
pusyu.jpg
こんなので吹き飛ばしたりします。
カメラレンズのホコリとかを飛ばすプシュプシュするアレですw

ちょっと分解掃除もしたので今回はチャック外してますが付けたままで大丈夫です。




次はたまにやるメンテ編
頻度的には半年~1年に一回程度でよいかと思います。

まずは本体上部と裏のパネルを外します。
ネジでパネルを停めてあるので簡単に外せます(ネジをなくさない様に気をつけてください)

外すと

裏はこんな感じ
02.jpg
基盤はモザイクかけてます。
後で何か言われても嫌なのでw

そしてこの裏の隅っこをよく見ると
03.jpg
このように削りカスが紛れ込んできてます。

これは冷却用に空気を通すための隙間からカスが入り込んでるためです。
これを掃除機で吸い取ります。

ついでに基盤も
pusyu.jpg
でプシュプシュっと削りカスとホコリを取っておきます。

間違えてもエアスプレー缶とかで吹かないで下さい。
基盤の配線等は繊細なので切れちゃうかもしれませんから・・・。

次は上
04.jpg
外すとこんな具合です。

モーターや基盤周りにカスが着いてるのでこれもプシュプシュ&掃除機で綺麗にしましょう。
モーター部が乗っている二本の鉄パイプのグリスは最低限固まった物だけ取ればオッケイです。

もしグリスを追加するなら
guri.jpg
こういうペーストタイプを使います。
べったり塗りこまずに軸につければ横移動の時に勝手になじみます。

Z軸を下げると螺旋状の縦の軸があるのでここにもたまにグリスを足してやると良いかもしれません。


次は切削機の裏を見ると
05.jpg
隅にこのようにワックスの削りカスとグリスが固まってたりします。
06.jpg

Y軸に違和感を感じた時等はこれを掃除してみると良いかも知れません。

木ベラなどでやさしく落とします

07.jpg
すっきり(*´Д`)

掃除をしたらここにもペーストグリスを補充しておくと良いかもしれません。

そして最後にモーター。
外すか外さないかはご自由にって感じですが自信のない人は装着したままやってくださいw

まずはカーボンブラシ(赤黒の電極)を外します。
カバーはプラスチック製なので折らないように気をつけて・・・。

08.jpg
モーターを外したお姿。

カーボンブラシを外した穴の片方に掃除機のノズルを持っていってスイッチオン。
モーターの筒状の部分を軽くトントンと叩きます。
間違えても強く叩かない&モーター軸を叩かないようにw

そうすると
09.jpg
こんな感じで黒い粉が中から出てきます。

いわゆるカーボン粉。
とっておくと多少焼きつきを防げます。

ほんと多少ですけどw

最後に全部元通りに付け直し、Z軸を調節すればおしまいです。
更なる上級メンテもありますが・・・完全に自己責任になっちゃうのでここでは紹介しないでおきます・・・w


最低限のメンテが機械を長持ちさせますよ!


え?MDX-40はって?



ん~・・・また今度ヾ(*´□`*)(x


にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへにほんブログ村 美術ブログ 立体・造形・彫刻へ
プロフィール

amo&ぐいっ

Author:amo&ぐいっ
神戸でジュエリー製造全般をやっております。
おもにデータ&切削の記録の場として作ってみました。
お気軽にコメントなんか書き込んでくださいね♪

鋳造、ゴム型、データの切削依頼、データ作成依頼他、作業全般も承ってます。

工房Free

Facebookページも宣伝

メールフォーム