ツルツルタマゴ肌?

あけましておめでとうございます!
今年こそまじめにブログ更新出来たらいいなぁ~(後向


さて、ちょうど一年ほど前のブログでも散々苦労していたナノキュアでの焼きゴム作成ですが
なんとかゴムが切れるようになりましたワーイ!


ダイレクトキャスト用の樹脂”PIC100”だと何もしなくてもゴムが綺麗に剥がれてくれるのですがナノキュアは
IMG_1015.jpg

引っ付いて引っ付いて引っ付いてヒッツイテ・・・・・・・・・

結果
IMG_1014.jpg
このように残骸がいっぱい出来上がるわけです・・・

しかし一年の間数々の失敗ゴムの屍(?)を乗り越えてついに・・・


IMG_0380.jpg
ツルンッ

っとゴムが切れるようになってきました!
これでレリーフ等の造型痕が出ると困る物も少しはやりやすくなるかも?ですねw
スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

慣れてきた

IMG_1010.jpg
UV硬化職人の朝は早い・・・

「やっぱり天日で丁寧に干した樹脂は味が違いますね・・・。」

あめ色に透き通る樹脂を裏返しつつそう語る・・・


的な事をTwitterに冗談で書いたら「お気に入り」に登録されました(x




さて導入から一ヶ月以上が過ぎ色々実験も出来てそろそろ理屈もわかてきました。

せっかくなので年賀状に使った干支のヘビとリンゴを出力しようかなっ!と思って並べたら

IMG_1042.jpg

見事に逆さまに出力しちゃったりもしましたw


まあ良くあることですね(x


ヘビの前に樹脂をナノキュアに変更して前に作ってた狼の牙のデータを出力

IMG_1050.jpg

おお~ちゃんと出てるw

手前にウネウネっとしているのがヘビです。

色々実験を繰り返してナノキュアでもわりと安定して焼きゴムが切れるようになったのでヘビとリンゴを
出力してテスト鋳造

そして~・・・


IMG_1059.jpg

にょろにょろ~
おお~ウロコも出てる

大きさは1円玉よりちょっと小さいくらいです

ゴム切ってからコレだけ出てたら十分ですね



そういえば試しにナノキュアの樹脂を電気炉に放り込んでみたら・・・


DSC01611.jpg


・・・遺灰?(x



さすがコレだけ焼け残ってたらにダイレクトは無理っぽいですねw

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

光の・・・3

さてゴム切りです。

とりあえずシリコンの焼きゴムでゴム型を作るので
拡大図2
こっちの型取り用の樹脂を使います。

この樹脂RC31ナノキュアっていう某美少女ヒーローみたいな名前ですが110度くらいの熱に耐えるらしいのです。

樹脂はシリコンに入れて焼くと引っ付いちゃうんで剥離剤を振りかけてからゴムに埋めるんですが
機械に付けて貰った
IMG_1017.jpg
この剥離剤使うとぉ・・・

IMG_1014.jpg
はいこれ引っ付いたやつ!www

IMG_1015.jpg
剥離剤をつけてもこんな具合で引っ付いて使えませんでした。

なので他の剥離剤と台所用洗剤でそれぞれ試してみます。

とりあえずチョイスしてみた
IMG_1018.jpg
これを使ってやってみると

IMG_1019.jpg
なんとか取れました

でも食器用洗剤に付けてから乾燥させて使うのが今の所一番よさそう?

とりあえず今日ここの営業さんがお年賀の挨拶に来てくれたのでついでに良い剥離剤探してくれるようお願いしときました。

ヨロシク!!


まあ・・・水ゴムで切れば大丈夫かもなんですけどね・・・水ゴムも用意してあるけどなんとなく意地ですねwww



あとこのナノキュア、ダイレクトで鋳造を何回かチャレンジしたけど
細かい細工の物はことごとく荒れてう~ん・・・とエンビジョンテック社のHP見に行ったら


主成分はナノ単位のシリカ酸化物です


シリカ燃えねーからだめじゃん(゚д゚)



ゴツイのだったら平気かもね・・・

光の・・・その2

前回のリングは大きすぎて実用レベルではなかったので小さいので実験

最初はエタニティを斜めにしてサポートを
IMG_1002.jpg

こんな感じで山ほど付けてみたんですけどサポート面の荒れや変形が激しい・・・。

よく考えたらガラス面にピッタリ引っ付いている樹脂を上に引き上げるからずれて当たり前なんですよねこれじゃw
そうなるとエタニティはちょっとサポートが付けにくいので別の指輪にチェンジして・・・

IMG_1003.jpg
サポート一本でいけました~
ってサポート見えてないΣ(´∇`*)

写真が悪かったですが造形物はこんな感じ
拡大図2
おお~爪もちゃんと出てる出てるw

造型のピッチは0.025mm
造型時間は指輪6本立てて5時間くらい?
斜め面にありがちな段差や荒れはこの樹脂では出にくいようです。



じゃあダイレクトキャスト用の樹脂ではどうなのかな~と樹脂を変えて再度同じ物
IMG_1005.jpg
うん・・・パっと見は綺麗

上からも撮ってみる
IMG_1007.jpg
おお~ちゃんと出てますねw

でも良く見ると上の座の側面に少し段差が?

なので光を当ててわざと見えやすくしてパシャっと
IMG_1006.jpg
下向きのアールが付いてる所に段差出てますがまあこの程度なら問題ないかな
そのほかは問題なさそう。

そして拡大
拡大図
うん・・・出てる

これなら十分過ぎるほど使えるかな?

樹脂の性質上設置面積を少なくすればマジックスとかでベタベタサポートを付ける必要もないのかもですね。


研究しましょうそうしましょう!w



最後にエタニティーも立ててみたよ!









IMG_1004.jpg
ど~ん!




・・・・・はずせるかぁ!(゚д゚)

テーマ : アクセサリー全般
ジャンル : ファッション・ブランド

光の力で・・・

また1ヶ月くらい経っちゃってる気がしますが・・・


年末何かとバタバタしている中こんな機械を導入しました

IMG_0932.jpg

ひ~か~り~ぞ~う~け~い~き~~どんどんぱふぱふ~・・・

はいそこ!今更とか言わない!ww


世間では3Dプリンターで産業革命が!3Dプリンターで小売店が不要に!3Dプリンターで彼女が出来ました!
等々、連日ムチャな感じの記事が書かれてTwitterとかでいいネタにされてますよね~。
あのタイプも検証されたのですが、いずれも宝飾業界の要求にこたえられるレベルには到達してないです・・・
というメーカー様のお言葉もあり結局この造形機に相成りました。


今回購入したのはドイツ・エンビジョンテック社のPERFACTORY®SXGA+Aureus(オーリアス)という機械。
購入はいつものコチラからw
コレを導入した2週間後にLEDで造型する新しい機械がHPにアップされたけど・・・みなかった事にしましょう!


講習と言う名の機械の初期調整もしてもらってとりあえずテスト造型

アクセサリーサイズの物を4個放り込んで造型時間5時間くらい・・・早いなぁ
操作も機械調整以外はほぼソフト側でするのでコレはらくだw

で、とりあえず手持ちのクローバーのデータと鈴峯から出張に来てくれていたH氏の手持ちのリングデータを造型してみる

まずはクローバー

IMG_0939.jpg
昔彫ったクローバーのワックスがあったので比較検証用においてみたりw

一昔前の光造型しか頭になかったのでこれはビックリなクオリティー。

綺麗に出るもんだねぇ。

よこからの図
IMG_0940.jpg
爪とかもきっちり出てる
ちょっとボリュームが違うように見えるのはデータのロットが違うのかもですw

そしてこちらがリング
IMG_0941.jpg
お肌スベスベw

これはなかなか・・・楽しいね!


ただ造型が早い光造形機ですが、UVライト当てて硬化する時間やマジックスというソフトでデータを修正する時間を入れるとプラスの時間がかかるのでトータルにするとほどほどかかるかも?
でもいっぺんに大量の物が出力出来るので量産には最高ですね♪

とりあえず導入に来たS社の専務に「ぜひブログに!」と4回くらい言われたので「悪口書けばいいの?(爆」と思いつつまずはこんな感じでいいでしょw

次の記事でテスト造型しまくったお話を・・・

テーマ : アクセサリー全般
ジャンル : ファッション・ブランド

プロフィール

amo&ぐいっ

Author:amo&ぐいっ
神戸でジュエリー製造全般をやっております。
おもにデータ&切削の記録の場として作ってみました。
お気軽にコメントなんか書き込んでくださいね♪

鋳造、ゴム型、データの切削依頼、データ作成依頼他、作業全般も承ってます。

工房Free

Facebookページも宣伝

メールフォーム